• 組織概要

    正式名称

    一般財団法人リープ共創基金(REEP)

    所在地

    東京都文京区弥生2-12-3 3F

    設立日

    2015年3月11日

    代表理事

    加藤徹生

    事業内容

    基金およびファンドの組成
    社会起業家の支援

  • 理事・評議員・専任職員

    加藤徹生

    代表理事

    幼少期の闘病経験から個人や社会の課題を変革の転機と捉えるようになる。ベンチャー投資の経験を経て、社会起業家の支援を行ってきた。

    東日本大震災の復興支援を経て、財団法人を設立。著書に「辺境から世界を変える」(ダイヤモンド社 2011年)

    生田秀

    理事

    弁護士。「カウンセリング・ファーストの法律事務所」を目指して、弁護士法人ナビアスを開業。学生時代からNPO活動に携わり、非営利組織の法務的問題解決に従事。

    ロドリゲス奈美

    理事

    米国公認会計士。2003年米国留学後、米国企業にて財務経理を担当。2016年から財団のバックオフィスをサポート。傍らで、英国系企業で財務経理を担当。

    桑原香苗

    評議員

    日本プロセスワークセンターファカルティ。

    個人の内なる多様性を重視し葛藤を成長の力にするカウンセリングやコーチング、グループでの感情を含めた深い対話を促すファシリテーションなどを行っている。

    松井彰彦

    評議員

    1962年生まれ。東京大学経済学部卒業。ノースウェスタン大学M.E.D.S.にてPh.D.取得。ペンシルバニア大学経済学部助教授、筑波大学社会工学系助教授を経て、東京大学大学院経済学研究科教授。エコノメトリック・ソサエティ、フェロー(終身特別会員)。

    菊池宏子

    評議員

    コミュニティデザイナー/アーティスト。NPO法人inVisibleクリエイティブ・ディレクター。

    マサチューセッツ工科大学・ボストン美術館などを経て、「人中心型コミュニティづくり」のアウトプットデザインとマネージメント活動に取り組む。

    佐久間裕幸

    監事

    公認会計士、税理士。監査法人退職後、佐久間税務会計事務所を開設し、父の税理士事務所も引き継ぎ、所長に。中小・中堅企業の会計・税務の業務のほか、成長企業の公開準備支援などを実施。顧問先からの新興市場への上場2社、上場企業へのバイアウト2社

    福田恭子

    広報担当

    東京都出身、ベルリン在住。立命館アジア太平洋大学卒。まちづくりから動物愛護までボランティア活動に携わる中で、寄付迷子になってしまった時に財団に出会う。財団が成長すれば資金の流れが根本から変わって「人と自然に優しい社会」にできるかも!と野心を抱きながら財団にじわりと参加。

  • アンバサダー・メンター

    熱田二郎

    アンバサダー

     

    株式会社フォーラムジャパン代表取締役社長。グローバル企業のリーダーシップ、セールス組織開発などの分野でのコンサルティングやトレーニングを実施。最近では、国内外の中小企業やNPOのコンサルティングも実施している。

    村野秀二

    アンバサダー

     

    株式会社シード代表取締役。一橋大学社会学部卒業。株式会社リクルートを経て「じぶんづくり」教育推進をコンセプトに独立。

    人材開発・組織開発、人事コンサルティングなど「主体性の増進」に寄与できる事業を幅広く展開している。

    米国CTI認定プロフェッショナルコーチCPCC取得

    田村浩平

    アンバサダー

     

    会計士。東京大学農学部卒業後、BIG4会計事務所で対豪投資に関わる会計・税務を中心とするアドバイザリー業務に従事し、以降、グローバル資源企業に勤務。また、日豪のリーダーや、外国政府、大学などとの連携の窓口として多くのステークホルダーから信頼を寄せられている。

    広石拓司

    アンバサダー

     

    株式会社エンパブリック代表取締役。東京大学大学院薬学系修士課程修了。シンクタンク、NPO法人ETIC.を経て、2008年株式会社エンパブリックを創業。

    「思いのある誰もが動き出せ、新しい仕事を生み出せる社会」を目指し、場づくり、仕事づくりに取り組むためのツール、プログラムを提供している。

    山藤惟久乃

    アンバサダー

    ファイナンシャルプランナーの資格を活かし、生保、証券、信託銀行での富裕層との対話の経験をする中で、「顧客中心の金融」を考え始める。顧客の人生と顧客の保有する資産の正しい関係性を実現するには、新たな形で富裕層が社会貢献へ参画することが欠かせないと考え、グロービス経営大学院に進学。

    笹原優子

    メンター

    NTTドコモ イノベーション統括部 グロース・デザイン担当 担当部長。

    iモードサービスに立ち上げ時より携わり、現在は新事業創出を目的とした「39works」プログラムを運営。

    NPO法人 ETIC.で「Social Impact for 2020 and Beyond」プロジェクトにプロボノとして参画。

    2013年 MIT Sloan Fellows卒。

    幸準一郎

    アンバサダー

    特定非営利活動法人別府温泉地球博物館常務理事

    出光興産では業務改善活動や新規事業の立ち上げに取り組み、また、消費生活アドバイザーの会「あすか倶楽部」や若手起業家を育てるTriggerの創設にかかわる。

    別府温泉地球博物館では「温泉の魅力を世界に発信できる人材を育成する」ための認証制度「温泉マイスター」の啓発に取り組んでいる。

  • 沿革

    1

    2011年

    東日本大震災の復興を目的とする社会起業家の支援をはじめる
    2

    2015年

    クラウドファンディングを通じて、93名の市民の支援を受け、一般財団法人を設立

    3

    2015年

    小林辰重氏の遺産の委託を受け、たつえ基金を設立

    4

    2016年

    基盤基金の支援先として、マイノリティの可能性に焦点を当てたオンライン・メディアを運営するNPO法人Soarを選定

    5

    2018年

    法人名をリープ共創基金(REEP)に改称  
    6

    2019年

    国連の主導する責任投資原則(PRI)に署名

すべての投稿
×
×
(1)個人情報収集に対する基本的な考え方
弊財団は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。個人情報とは、生存する個人に関する情報であり、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるものを指します。

一般財団法人リープ共創基金(以下「運営者」)の運営するWEBサイト”https://www.reep.jp”(以下「本サービス」)は、個人情報を収集する際、個人情報の利用目的を公表します。

(2)個人情報の管理
当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

(3)個人情報の利用について
運営者は、収集した個人情報を以下の目的で利用することができるものとします。
1. 運営者サービスの改善や新サービスの開発等に役立てる場合
2. 情報の配信、アフターサービス、お問い合わせ、苦情に対応する場合
3. 本人確認、認証サービスをする場合
4. システムの維持、不具合に対応する場合
5. ユーザーが投稿した情報を掲載する場合
6. 運営者及び本サービスへのお問い合わせ、本サービスの運営上必要な事項の通知(電子メールによるものを含むものとします。)する場合

(4)個人情報の開示について
運営者は、以下に定める場合には、個人情報を第三者に提供することができるものとします。
1. 本人の同意があるとき
2. 運営者の権利行使に必要なとき
3. 裁判所、検察庁、警察、税務署、弁護士会またはこれらに準じた権限を持つ機関から、個人情報の開示を求められたとき
4. 合併、営業譲渡その他の事由による事業の承継の際に、事業を承継する者に対して開示するとき
5. 運営者に対して秘密保持義務を負う者に対し、運営者が行う業務の一部を第三者に委託するとき
6. 個人情報保護法その他の法令により認められたとき

(5)個人情報の照会
運営者は、ユーザーご本人から、個人情報の開示を求められた際、ご本人に対し、遅滞なく開示します。ただし、開示することにより、次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。
1. ユーザーご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
2. 他の法令に違反することとなる場合
3. 運営者の業務の実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合

(6)個人情報の訂正・削除等
運営者は、ユーザーご本人より当該本人の個人情報の追加、訂正、削除、利用の停止または消去を求められた場合には、ユーザーご本人であることを確認させていただいた上で合理的な期間内に対応致します。

(7)プライバシーポリシーの改定
運営者は、個人情報保護の向上を図るため、法令等の変更や必要に応じて、プライバシーポリシーを改訂することがあります。その際は、最新のプライバシーポリシーを本サービスのサイト内に掲載致します。

(8)免責事項
運営者及び本サービスでは、お客様のID及びパスワードの管理については関与致しません。ユーザーご本人の不注意により、ID及びパスワードが第三者に利用された場合は、ご登録いただいている個人情報を閲覧される可能性がございます。ご利用の際は、使用および管理についてユーザーご本人で責任を負うと共に、使用上の過誤または第三者による不正使用等について十分注意をして下さい。

(9)お問い合わせ先
個人情報に関するお問い合わせはウェブサイトよりお問い合わせください。

平成29年7月39日 制定