• 財団の守秘義務に関して

    個人情報に関して

    我々はお預かりした財の扱いと同様、出資者の情報は機密情報として扱われるべきだと考えています。個人を特定することが可能な情報を第三者に提供することはありません。また、匿名でのご相談も歓迎しています。

  • 基金への出資に関して

    資金は安全ですか?

    お預かりした資金は日米の数百社に分散して投資を行っています。したがって、一社の経営成績や一国の株式市場の動向に大きく左右されることはありません。また、資金は助成を行う前に一定の余剰を維持するように設計されており、社会起業家への助成は、余剰資金が充てられます。また、出資の前提として、出資者の生活資金や事業資金ではなく、余裕資金を充てて頂く前提とさせて頂いています。

    なぜ、資金が増えるのですか?

    お預かりした資金は、日米の成長企業の株式を通じて運用されます。株式からの配当金や株式の値上がり益が基金に蓄えられ、一定の余剰が発生した段階で社会起業家への助成金に充当されます。また、資産運用においては、軍需産業や児童搾取などへの資金還流の可能性を排除し、積極的に社会的課題の解決を目指す成長企業に投資させて頂いています。

    資産運用が順調でない場合、助成はどうなりますか?

    資産運用が想定を下回った場合、助成件数や助成額を調整させて頂くことになります。ただし、出資者との合意に基づき、助成を行うことがあります。また、資産運用が想定を上回った場合は、基金の規模に応じて、一定額を積み立て、資産運用の変動に備えています。

    手数料はかかりますか?

    基金への出資にあたっては、出資者に手数料は発生しません。ただし、一定の割合を基金の管理費用と助成プログラムの運営費用として利用させて頂いています。個別のプログラムのカスタマイズを希望される場合は、独自のプログラムを提案させて頂いており、初期設計の費用を同様に頂いています。解約にあたっては費用はかかりません。

    法的にはどのような扱いですか?

    弊財団の運営する基金は非遡及型融資を通じて、篤志家から出資を受け、組成されます。金銭的利益を還元するために設計されたものではなく、金融商品取引法にあてはまるものではありません。

    基金の名称の設定に関して

    弊財団は一定の出資額を超える出資を行った場合、出資した基金に名称をつけることが可能です。同様に、基金の規模と社会の要請を両立させる独自のプログラムを提案させて頂いています。

  • 基金の解約に関して

    基金の中途解約は可能ですか?

    原則として、約定した期間を単位として基金を運用させて頂いています。ただし、出資者やそのご家族になんらかのトラブルが生じた場合は、遠慮なくご相談ください。財団は、出資された方々を含め、全ての関係者が安全であることが第一であると考えています。

  • 社会起業家の選定に関して

    どのような社会起業家やNPOを選んでいますか?

    事業を通じてもたらした正の影響だけではなく、負の影響にも目を向け、責任を持つ社会起業家やNPOを選び、支援をしています。社会起業家個人だけでは負の影響の責任を背負うことは不可能です。したがって、どのようなチームやサポーターを築いているかも支援を確定する前に確かめています。また、資金支援にあたっては、事業の成長余地があり、健全な資金需要がある社会起業家を選択しています。

    助成先を選ぶことはできますか?

    基金の出資額に応じて、助成先のテーマや団体を選択することができます。通常、合意された助成方針に基づき、弊財団が助成先をリストアップし、その中から有望な社会起業家や非営利組織を訪問し、最終助成先を決定しています。詳細はお問い合わせください。

  • 財団に関して

    なぜ財団だったんですか?

    設立にあたって、我々は営利・非営利法人問わず、あらゆる可能性を模索しました。その中で、非営利法人による資本の仲介体制を築こうとした場合、財団法人がもっとも適切でした。NPO法人はや社団法人は、「集団」に対して法人格を設けたものであり、財団法人は「財」に対して法人格を設けたものですが、法人の乗っ取りなど法人格の悪用の可能性を排除するためNPO法人や社団法人は運用が難しく、財団法人であれば適切にリスクを排除し、正しく資産運用の体制を築きやすいという判断を行いました。

すべての投稿
×
×
販売業者の正式名称
一般財団法人リープ共創

所在地
〒113-0032 東京都文京区弥生2-12-3 3F

電話番号
050-5880-4727

メールアドレス
info@reep.jp

運営統括責任者
加藤徹生

商品代金以外の必要料金
なし

商品に欠損がある場合の返品について
商品到着日より1か月以内

引渡し時期
注文より7日以内

支払い方法
クレジットカード

支払い時期
各カード会社引き落とし日

販売価格	
1000円/月額, 3000円/月額, 5000円/月額, 10000円/月額
×
(1)個人情報収集に対する基本的な考え方
弊財団は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。個人情報とは、生存する個人に関する情報であり、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるものを指します。

一般財団法人リープ共創基金(以下「運営者」)の運営するWEBサイト”https://www.reep.jp”(以下「本サービス」)は、個人情報を収集する際、個人情報の利用目的を公表します。

(2)個人情報の管理
当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。

(3)個人情報の利用について
運営者は、収集した個人情報を以下の目的で利用することができるものとします。
1. 運営者サービスの改善や新サービスの開発等に役立てる場合
2. 情報の配信、アフターサービス、お問い合わせ、苦情に対応する場合
3. 本人確認、認証サービスをする場合
4. システムの維持、不具合に対応する場合
5. ユーザーが投稿した情報を掲載する場合
6. 運営者及び本サービスへのお問い合わせ、本サービスの運営上必要な事項の通知(電子メールによるものを含むものとします。)する場合

(4)個人情報の開示について
運営者は、以下に定める場合には、個人情報を第三者に提供することができるものとします。
1. 本人の同意があるとき
2. 運営者の権利行使に必要なとき
3. 裁判所、検察庁、警察、税務署、弁護士会またはこれらに準じた権限を持つ機関から、個人情報の開示を求められたとき
4. 合併、営業譲渡その他の事由による事業の承継の際に、事業を承継する者に対して開示するとき
5. 運営者に対して秘密保持義務を負う者に対し、運営者が行う業務の一部を第三者に委託するとき
6. 個人情報保護法その他の法令により認められたとき

(5)個人情報の照会
運営者は、ユーザーご本人から、個人情報の開示を求められた際、ご本人に対し、遅滞なく開示します。ただし、開示することにより、次のいずれかに該当する場合は、その全部または一部を開示しないこともあり、開示しない決定をした場合には、その旨を遅滞なく通知します。
1. ユーザーご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
2. 他の法令に違反することとなる場合
3. 運営者の業務の実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合

(6)個人情報の訂正・削除等
運営者は、ユーザーご本人より当該本人の個人情報の追加、訂正、削除、利用の停止または消去を求められた場合には、ユーザーご本人であることを確認させていただいた上で合理的な期間内に対応致します。

(7)プライバシーポリシーの改定
運営者は、個人情報保護の向上を図るため、法令等の変更や必要に応じて、プライバシーポリシーを改訂することがあります。その際は、最新のプライバシーポリシーを本サービスのサイト内に掲載致します。

(8)免責事項
運営者及び本サービスでは、お客様のID及びパスワードの管理については関与致しません。ユーザーご本人の不注意により、ID及びパスワードが第三者に利用された場合は、ご登録いただいている個人情報を閲覧される可能性がございます。ご利用の際は、使用および管理についてユーザーご本人で責任を負うと共に、使用上の過誤または第三者による不正使用等について十分注意をして下さい。

(9)お問い合わせ先
個人情報に関するお問い合わせはウェブサイトよりお問い合わせください。

平成29年7月39日 制定