宇宙:こんにちは、広報担当の宇宙です!宇宙はそのまま≪うちゅう≫と読みますよ。今日はオウンドメディアWILL新着記事の紹介をします!

Q1. みなさんは「少年院」と聞いてどんなイメージが浮かびますか?

宇宙が思い出すのは、モザイクのかかった音声と映像のインタビュー。公から隠されてひっそりと存在する少年院。

そんな少年院が今、「開かれた少年院」になろうとしているというではありませんか!

変化の先駆けとなったのは、2015年の法改正。少年院支援を始めたNPO法人育て上げネットの工藤代表は、インタビューで「ゼロがイチに変わった」と言っています。いったい何がそれほどの変化なのでしょうか。

Q2. ところで「少年院」って何ヵ所あると思いますか?

(正解は・・・記事で確認!)

工藤代表が、少年・少女への支援ではなくて、「少年院」を対象に活動をしようとした理由がそこにありました。「居場所があれば、人は前に進むことができる。」工藤代表はそう信じて、「開かれた少年院」への道を切り開こうとしています。

内容が気になる方は、ぜひ財団の賛助会員になって、「少年院を取り巻く二重の孤立―まず、支援者のソーシャルキャピタルになること 育て上げネット―工藤啓(前編)」をご覧ください!

 

宇宙:宇宙は、宇宙ちゃんと呼んでくれてもいいですよ。広報の宇宙でした!

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK